ダイワさん、ヤルなぁ (^_^;) ネオベルトA

ダイワ ネオベルト A

ちょうど一年前に買ってきました。

横着する時、主に振り出し竿にリールを装備したまま、浮き止め等も装着したままロッドケースは使わずに何本か束ねて持って行く時に使用するベルトです。

主にホーム堤防でアジ釣りの時でしょうかねぇ。

磯竿・ルアー竿・チョイ投げ竿の3本を束ねて行く事がほとんどです。

 

前は安物のバンドを使っていたのですが、耐久力が低く何度も買い替えていました。

この度も新しく替えようとお店で『いつものヤツ』と商品を手に取った時、隣にあったこのダイワさんのベルトが目に留まりました。

黒くて質感があって何とも渋い。

しかもよく見ると値段もそんなに変わらないではないですか(^_^;)

『よし、買い。』

このDAIWAのロゴ、変わった時からカッコ良さげと常々思っておりました。

CIMG2034

固着なんかしたことないですが・・・

なるほど、いざという時は役に立ちそうですね(^_^;)

CIMG2036

長さ320mm、 幅 35mm を使ってます。

ルアー竿用には 200mm × 25mm を使用中 (^_^;)

 

 

ここからは、購入直後と一年間使った後の比較となります。

↓ 新品未使用品(マジック部分) ↓
CIMG2037

↓ 一年間 使用後 (マジック部分)↓
ダイワ ネオベルトA 1

マジック部が二つに分かれている事によって巻き終わりの丸みに対応している為か?

マジック面が『浮く』事がないため、妙に接合強度があります。

いやいやはやはや、良く出来ています (^_^;)

 

 

↓ 新品未使用品 (全体像)↓
CIMG2039

↓ 一年間 使用後 (全体像)↓
ダイワ ネオベルトA 2

切れたり、引っ張った際の微小な裂けとかは一切なし。

ありがちな、裏表の素材が剝がれるような事も無し。

裏面のグリップもイイ感じ。

マジック部は糸クズが付かなければまだまだバリバリです。

 

 

クロロプレーンとかいう素材だそうですが、しっとりしてて巻き始めに滑らないのでイライラしません(笑)し、しっかり感があります。

使用頻度は、

『出かける前に束ね、帰宅後に解く』
+
『釣り場で解く+帰りに束ねる』
×
『釣行数』

ですので何百回でしょうか?

 

運搬途中でマジックが剥がれたり、束が崩れたりした事はまだ一度もありません。

現在まで、乱雑に使用して来ましたが、本体にほつれや断裂は無く、マジックテープの接着強度の劣化は差ほど認識出来ないレベルです。

強いて言うなら、全体的に少し『延びた』感がありますが、かえって柔らかみが出て使い易くなった気がします。

今の所、大変満足であります( 〃▽〃)

 

やはり、良いものは良い。

ダイワさん、やるなぁ 。

という事でしょうか(^_^;)

 

坊主を喰らった際、帰り支度を終え『さぁ帰るか・・・』のタイミングで荷崩れした経験はありませんか? (笑)

ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!   となった事はありませんか? (笑)

ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!      でしょうか?

 

僅かな金額の差でこの快適な気持ち。

まだ使ったことがないそこの兄様方、

是非いかがでしょう?  (笑)

 

自分は三脚や一本竿受け3本もこのベルトで束ねています。

 

出来る事なら ダイワさん、

カラーバリエーションを増やしてもらえると嬉しいのですが・・・ (^_^;)

 

 

 

ダイワ(Daiwa) ネオベルト(A) 320×35mm

ダイワ(Daiwa) ネオベルト(A) ミニ 200×25mm

 

 

 無謀にもランキングに参加中デス
ヤル気のスイッチも入ります  (^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ ぶっこみ釣りへ

< スポンサードリンク >
[`fc2` not found]
LINEで送る
Pocket
Share on GREE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">