投げ竿で投げサビキ?

 

無謀な挑戦をして参りました (-_-;)

 

9月23日(月・祝) 03:00~

本日はだんだん風が強くなり、波も1.5mまで上がる予報でしたが、

投げ竿用に作った 『特製強化サビキ仕掛け』 を試したいが為に頑張って出撃して来ました。

 

今回は

スピンジョイ405DX-T(27号)にアオリスタBB-4000を使用。

ラインはPE2.5号 + PE力糸2~6号に投げ用スピードスイベルを直結。

  1. 中通しの発砲材を使った自作のウキの接続部をスプリットリングに交換。
  2. 市販のサビキ仕掛けでは投げる際の不可に耐えられないのでフロロ12号を仕掛けと合わせ、少しヨリをかけながら2本を重ねて上下ともスプリットリングに結束。
  3. 中の糸をザイロンに交換したプラカゴ(中)はルアー用の複雑なスイベルに交換。
  4. 25号のナス錘

 

上から1~4の順に接続しコマセを入れて軽~く投げてみました。

おぉ (゜o゜) 磯竿使用時のMAXくらい飛んだ。こいつぁ使えるかも?

 

まだ周りに人がいなかったので今度は少し竿の反発を意識して投げてみると、

うおぉぉぉぉ! 飛ぶわ飛ぶわ(^_^;) 1.5倍くらい飛んだ感覚です。

 

ところが、少し右方向へ飛んでしまったので回収して今度はもっと竿を曲げて投げてやろうかとリールを巻くと・・・最初は重かったのに途中からフッと軽くなる(汗)

やっちまったかぁ?

回収するとプラカゴ下部の複雑なスイベルが伸びて錘が外れていました。

ここだけは錘交換の事を考えリングを選択しなかったのですが、それがアダとなった様です。

強度的には問題がなかったハズなんですが・・・(汗)

 

今回試してみた結果、

飛距離は出るが仕掛けや接続の強度が安定して出ていないと危険。

スプリットリングでの仕掛け作りや、現場での接続・復旧が面倒クサイ。

 

軽く投げれば問題無さそうですが、それなら今までの磯竿でイイじゃん(汗)

もしくは5号竿買えや、という結論に至りました。

 

まぁ予測の範囲内でしたが、この案件は廃案と決定しました(^_^;)

実際に自分で試さないと気が済まないので・・・

 

しばらく海も天気も荒れそうなんで、ストレスが溜まりそうです。

 

 無謀にもランキングに参加中デス
ヤル気のスイッチも入ります  (^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ ぶっこみ釣りへ

< スポンサードリンク >
[`fc2` not found]
LINEで送る
Pocket
Share on GREE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">